2010年03月13日

「心と夢…」 

 
毎日の仕事、人間関係などで日々ストレスを感じる


毎日…いろいろな悩みを抱えて…でも表には出せずに


過ごされている事と思います。


それぞれに自分にあったストレスの解消法があれば


また励みにはなるものですが、でも…あまり無理はせず


体のサインを見逃さない様に気をつけたいものです。


体調のサインは時として夢に現れる事も有ります。



『悪夢のメカニズム』


夢は脳にある記憶のほか、睡眠中に得た、音や光、痛みなど


の感覚刺激にも大きく影響を受けている様です。


たとえば、現実の世界で自分の胸に隣に寝ている人の頭が


のっていた為に『突然苦しくなって死にそうだった』


と言う夢でうなされることも有ります。


いやな記憶だったり、悪い方向に物事を考えてしまいがち


だったり、不愉快な感覚刺激を受けると、悪夢を見やすく


なりますが、それはごく自然なことで心配はない様です。


しかし、なかには悪夢の背景にうつ病や神経症などの


心の病気が隠れている場合も有ります。そして悪夢で


うなされて目を覚ますという事を繰り返していることで、


十分な睡眠がとれていないなど、日常生活に支障をきたす


場合もあることと思います。


そんな時は、一度専門のお医者様に相談することが必要


です。



『症状からわかる こころの病気』 様より…

ラベル:心療内科
posted by ココロ at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。